泊舟院|曹洞禅宗|寺院|佐賀県佐賀市|西与賀高太郎

 

泊舟院の歴史

 

泊舟院の歴史

泊舟院の歴史
 

 足利時代大宰少弐資嗣が佐賀に存りし頃、中国の豪雄大内徳雄なる人物が飯盛城に在住した。

 飯盛城は本庄村上飯盛の常照院の地であった。時に事情あって資嗣がこれを攻めた。その時、資嗣は本庄、与賀、川副方面の豪士をつれて夜襲をかけ飯盛城を陥落させた。

 大内徳雄は飯盛の西方から上松浦を経て筑前に逃れた。その時軍は退却しつつ高太郎に来て潰滅した。

その追撃戦に大いに功績をたてたのが小太郎丸、高太郎丸の両名であった。

 これによりこの地を平定し豪族として勢いを得た。現在の高太郎は領主の名をとって字名とした。
 文化14年(1817)の郷村帳によれば、秋丸小路、中ノ小路、舟津小路、蔵床小路、野口小路、唐津村の各集落からなる、かなり広範囲の村であった。
                                

                              出典:西与賀の歴史とその周辺p8

 
開山】        慶長3年戊戊(1598年)8月示寂
        龍泰寺3世 建立開山傳叟俊的大和尚
【本尊】       聖観世音菩薩
【開基、由来】 不詳
【現住職】      當山11世道幹和尚
曹洞宗 海雲山 泊舟院
〒840-0036
佐賀県佐賀市西与賀町高太郎467-1
TEL   0952-23-6811
FAX 0952-20-3770
携帯電話  090-9080-5959
───────────────
禅宗寺院
───────────────
<<泊舟院>> 〒840-0036 佐賀県佐賀市西与賀町高太郎467-1 TEL:0952-23-6811 FAX:0952-20-3770